スヴァラ歯科Blog
| 認定医

舌癒着症の認定医になりました①

(2019年6月12日 9:32 AM更新)


6月10日11日の2日間を休診にして、舌癒着症の認定医の資格を取ってきました。

 

舌癒着症って何?と思われる方が多いと思われますので簡単に説明しますね。

(正式な名称は「舌・喉頭蓋・喉頭偏位症」ですが通称である舌癒着症と以下表記します。)

 

 

人間の舌は吊り橋の様に様々な筋肉や組織とつながって存在しています。

そのなかで喉頭という肺につながる空気の通り道ともつながっています。

 

舌癒着症だと舌の頤舌筋という筋肉が癒着して前上方向に引っ張られてしまい、そのぶん喉頭も前上方に引っ張られるために吸った空気の通りが邪魔をされて呼吸障害を起こしている状態なのです。

 

私が説明を聞いてイメージしたのは、鈴鹿サーキットを高速走行中のF1マシンが最終コーナーのシケインで大減速するイメージでしょうか・・・

 

 

舌癒着症は優性遺伝のため9割の人が該当するのだそうです。

 

次回は舌癒着症で呼吸障害があると何が起こる?ということをお話ししますね。


 >>Blogメニューへ


臨時休診のお知らせ

(2019年6月1日 5:22 PM更新)


6月10日月曜日、11日火曜日は

日本舌癒着症学会の舌喉頭偏位症認定医セミナー出席のため

臨時休診いたします。

 

患者さんにはご不便をおかけいたします。

 


 >>Blogメニューへ


スポーツとフットケア➂

(2019年4月10日 1:48 PM更新)


今回は適切なシューズ(スニーカー)の選び方について書きますね。

 

①:靴の前後を持ちねじった時に簡単にねじれない硬さのソール

②:靴を足と一体化させるためにシューレースホールが最低5段(5つ)以上ある

➂:インソールを出して起立した状態で足を載せた時に、足指がはみ出していないもの

 

 

最近のスニーカーはデザインやコスト重視のため、簡単なようでいて種類が少ないのが現状です・・・

 

また、きちんとしていたはずのスニーカーもコストダウンの影響で改悪されてきているものもあります。

 

 

適正なシューズを履くことで身体のバランスが取れて、スポーツのパフォーマンスアップやけが防止につながるので、是非ためしてみてくださいね!


 >>Blogメニューへ


スポーツとフットケア②

(2019年4月1日 2:18 PM更新)


この記事を書いているのはエイプリルフールですが、内容はホラではありません♪

 

 

前回は実際にメディカルランナーとして走った時のケア状況をレポートしました。

今回はゆびのば体操以外のフットケアについて書きます。

 

靴を履いたら足の指がきちんと伸びていますか?

 

ゆびのば体操でケアをすることは非常に重要!ゆびのばソックスも履いた!

ですが、そこまで気を配っても靴でぶち壊しなんてこともあるのです・・・

 

 

ゆびのば体操で足指を伸ばしてゆびのばソックスを履いても、適正でないサイズの靴ですべて打消しとなってしまいます。

そんな残念なことになっていませんか?

 

適正でない靴の場合、バランステストを行っても踏ん張れずに身体がぐらついてしまいます。

適正な靴の場合は足が地面から生えたように、しっかりと踏ん張れる感じがしますよ!

 

☆バランステストのやり方(左右)

肩幅くらいに両足を広げて立ち両手を肩の位置まで真横に開きます。

次に骨盤を他の方にゆっくり真っ直ぐ横に押してもらって左右のバランスを確認します。

 

 

いかがでしたか?きちんとバランスの取れる適正な靴でしたか?

 

次回は適正な靴の選び方について


 >>Blogメニューへ


スポーツとフットケア①

(2019年3月25日 7:33 PM更新)


昨日の3月24日、気持ちの良い青空のもと、第5回練馬こぶしハーフマラソンが行われました。

 

今年もメディカルランナーで出走しましたが、沿道から

「メディカルランナー頑張って!」との声援をたくさん頂き嬉しかったです。

声援をくださった方、ありがとうございます!お陰さまで元気頂きました!!

 

さて、本題です。

当院ではフットケアを行っていますが、スポーツにおいてはどうなのかということでレポートいたします。

(フットケアを行う前は、腰痛は酷く、走った後は膝や股関節にすぐにトラブルが出ていました。)

 

ゆびのば体操とシューズについてレポートしますが、今回はゆびのば体操を行うことでどうなのか、ということを書きます。

 

今回はハーフマラソンでしたので、走る前後にゆびのば体操をしっかり行いました。

(家を出る前にストレッチを行いましたが、その時にも行っています)

走る前の効果としては、バランスが改善するため怪我の予防になります。

走った後の効果としては、1時間半以上走っていたためどうしても関節や筋肉に負担をかけてしまいますが、そこでゼロポジションにリセットしてあげることで足が攣ったりすることの防止にもなります。

 

いま、このblogを診療後に打っていますが、筋肉痛すら出ていません♪

 

 


 >>Blogメニューへ


2 / 41234

Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加