スヴァラ歯科Blog
| 研修会

フットケアのセミナーに参加してきました

(2019年7月29日 5:24 PM更新)


7月28日の日曜日にゆびのば体操の今井一彰先生が地元博多で開催した

フットコーディネーションのセミナーに参加してきました。

 

コーディネータとして当院でもフットケアをおこなっておりますが、

知識のアップデートと新たな気づきのために参加してきました。

 

今井先生およびみらいクリニックフットケア担当の石田主任と当院の患者さんの治療の意見交換もでき、非常に有意義な出張となりました。

 

当院での次回フットケアは8月23日金曜日午後を予定しております。

予約は8月5日より電話(03-3997-6875)か来院にて承っております。

診療可能枠に限りがございますので何卒ご了承ください。


 >>Blogメニューへ


前歯でも嚙める入れ歯

(2019年6月17日 2:27 PM更新)


先週15日土曜の午後と16日日曜日に行われた「前歯でも嚙める入れ歯研究会」に認定医としてオブザーバー参加してきました。

 

この研究会の特色は総入れ歯、特に前歯でもピーナツやりんごが丸かじり出来るように調整し嚙めるようにすることで患者さんの生活の質の改善を目的としていることです。

 

(主宰の河原英雄先生のこの取り組みは過去にフジテレビの報道2001という番組でも取り上げられました。)

 

 

当院でもすでに何名もの患者さんが嚙む喜び、食事の制限のない喜びを文字どおり噛みしめて頂いております。(you tube にて実際の患者さんの様子の動画もあります。)

 

きちんと嚙めること

お口のまわりの神経や筋肉だけでなく脳も活性化

寝たきり・認知症の予防や改善

 

嚙めることって良い事ばかりですね♪


 >>Blogメニューへ


舌癒着症の認定医になりました①

(2019年6月12日 9:32 AM更新)


6月10日11日の2日間を休診にして、舌癒着症の認定医の資格を取ってきました。

 

舌癒着症って何?と思われる方が多いと思われますので簡単に説明しますね。

(正式な名称は「舌・喉頭蓋・喉頭偏位症」ですが通称である舌癒着症と以下表記します。)

 

 

人間の舌は吊り橋の様に様々な筋肉や組織とつながって存在しています。

そのなかで喉頭という肺につながる空気の通り道ともつながっています。

 

舌癒着症だと舌の頤舌筋という筋肉が癒着して前上方向に引っ張られてしまい、そのぶん喉頭も前上方に引っ張られるために吸った空気の通りが邪魔をされて呼吸障害を起こしている状態なのです。

 

私が説明を聞いてイメージしたのは、鈴鹿サーキットを高速走行中のF1マシンが最終コーナーのシケインで大減速するイメージでしょうか・・・

 

 

舌癒着症は優性遺伝のため9割の人が該当するのだそうです。

 

次回は舌癒着症で呼吸障害があると何が起こる?ということをお話ししますね。


 >>Blogメニューへ


臨時休診のお知らせ

(2019年6月1日 5:22 PM更新)


6月10日月曜日、11日火曜日は

日本舌癒着症学会の舌喉頭偏位症認定医セミナー出席のため

臨時休診いたします。

 

患者さんにはご不便をおかけいたします。

 


 >>Blogメニューへ


日本病巣疾患研究会総会に参加してきました

(2018年8月27日 10:03 AM更新)


8月25日・26日の2日間、日本病巣疾患研究会総会に出席してきました。

 

病巣疾患ってなに?と思われる方が多いと思います。

 

わたしたちの身体はある部分で炎症があると一見関係のない場所で様々な不調を訴えることがあります。その引き金となるのは口、鼻、のどの場合が非常に多いのです。そして身体の不調は日常の生活の質を著しく悪くしたり生命にかかわることが知られています。

(詳細を知りたい方は研究会のページをご覧ください。http://jfir.jp/topics/)

そのためお口や鼻、のどの状態を良くすることが全身の健康につながるということで、この会は歯科医師・医師が専門分野を超えて研究を行っています。

 

スヴァラ歯科では全身の病気の予防も考えてむしばや歯周病の予防はもちろん、足のバランスから全身のバランスが悪化し病気になりやすくなることまでも考えて処置を行っています。

 

お口のことだけでなく全身の健康とのかかわりも気になる事があったらご相談くださいね。

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


1 / 612345...最後 »

Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加