スヴァラ歯科Blog
| 症例

舌癒着症のオペを自分が受けて、その後

(2019年8月21日 5:42 PM更新)


舌癒着症のオペを自分が受けてから1ヶ月経過したので、本日検診に行ってきました。

 

オペ後の感覚として以下のことが感じられました。

1:疲労減少

2:よく眠れるようになった

3:昼間の眠気が無くなった

4:体温が上がった

5:走った時の呼吸が楽になった

6:代謝が良くなり今までよりも太りにくくなった

7:気分の爽快な時間が増えた

 

などなど良いことづくめで、先生やナースの皆さんからは顔色が良く肌ツヤが良いと女性が言われて嬉しいことも指摘されましたよ(笑)

 

 

呼吸障害が改善されて自ら健康になって、もっと患者さんを健康元気になるお手伝いが出来そうです!!


 >>Blogメニューへ


症例(20180519)硬いものが嚙める入れ歯(河原式)

(2018年5月19日 8:41 AM更新)


他院で入れ歯を作ったけど合わないし嚙めないと主訴の患者さんです。

 

当院で作成した入れ歯でリンゴや硬いお煎餅をバリバリかじる動画を見て、来院されました。

 

スヴァラ歯科では嚙める喜びを思い出してもらうだけでなく、全身の健康や認知症予防の考えからもしっかりと嚙める入れ歯を作成・調整しています。

 

ご本人の承諾を得て投稿・掲載しております。

 


 >>Blogメニューへ


症例20180219(セラミックスインレー)

(2018年2月19日 6:11 PM更新)


 

セラミックス(e-Max)のインレー(詰め物)です。

患者さんご本人も何処を修復したのか分からない♪とご満足いただけました。

 

セラミックスは見た目の良さだけではありません。

プラークの付着もしにくい&歯肉との親和性も優れた身体に優しい材料です。

 

 

(ご本人の承諾を得て掲載しています)


 >>Blogメニューへ


症例20180119(ホワイトニング)

(2018年1月19日 7:59 PM更新)


60代 女性

このblogをご覧になってホワイトニング希望で来院された方です。

(患者さんご本人の承諾を得て掲載しています)

↑術前の状態

↑3回終了後

 

ご自身の歯の色が難易度が高い色調でしたが綺麗になり、満足していただきました♪


 >>Blogメニューへ


症例(20171212):前歯でも嚙める入れ歯(河原式)

(2017年12月12日 1:15 PM更新)


当院で入れ歯を作成した症例を紹介いたします。

下の入れ歯が浮いて硬いものが嚙めないという主訴でした。

新規に下の入れ歯を作成し装着した時のフードテストの様子です。

(患者さんの承諾を得て掲載しております)

スヴァラ歯科では患者さんに喜んでもらえる全身の健康増進を目指しています。
しっかりと前歯で硬いものが嚙めるようにするのもその一環です。

 


 >>Blogメニューへ


1 / 41234

Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加