スヴァラ歯科Blog
| 口腔衛生指導

歯科医院がコロナに強い理由

(2021年1月23日 12:32 PM更新)


コロナウィルスによるクラスター発生や各業種での感染が連日ニュースになっています。

 

私たち歯科医院は昨年最初の緊急事態宣言のころマスコミに、

「歯科医院はハイリスクで危ない!」とか「受診しない方がいい!」などと

恐怖心だけを煽る全く科学的な根拠のない報道されました。

 

私たち歯科医療機関は、

常日頃から感染対策をきちんと行っています

そのため、我が国はもちろんですが、諸外国でも歯科医院が

歯科医院が感染源となったりクラスターとなったことはゼロ

なのです。

(マスコミも報道の公正性を謳うなら自分たちの報道したいことだけでなく、その辺も報道してほしいですね。)

 

 

閑話休題

本日は大阪の口臭治療で著名な本田先生のblogの紹介です。

吉村大阪府知事の「マスク無しになる歯科医院で何故感染が起こらないのか?」という疑問に対して返答するという形式で、歯科医院がいかにコロナに対して安全か、口腔ケアがいかに重要かが綴られています。

 

拝啓 吉村洋文 知事 殿 | 【大阪口臭センター E. Breath Clinic 心斎橋】Dr.本田とスタッフのブログ~口臭症治療・ドライマウス・アンチエイジング~ (ameblo.jp)

 

医療の素人である吉村大阪府知事の着眼点は見事だと思います。

 

 

定期的にお口の中をプロによってケアしてもらいましょう!


 >>Blogメニューへ


家庭で出来るコロナ99.9%不活性化

(2020年12月18日 8:59 AM更新)


寒さとともにコロナの猛威も強まってきました。

最近では家庭内感染が感染経路のトップとなっています。

 

今日は家庭で簡単にできるコロナ予防の方法をお伝えします。

 

用意するもの

・鼻うがい用のボトル

・生理食塩水

・ベビーシャンプー

 

やり方

ベビーシャンプーが1%の濃度になるように生理食塩水の混ぜる

上咽頭にしっかりと鼻うがい

 

これでコロナウィルス99.9パーセント不活性化です!

 

 

引用は博多の内科医、今井一彰先生からです。

詳細は今井先生のみらいクリニックのブログをお読みください。

衝撃!!ベビーシャンプー鼻うがい コロナを99.9%不活化。 | 福岡のみらいクリニック (mirai-iryou.com)


 >>Blogメニューへ


冬の脱水にご注意

(2020年12月8日 11:01 AM更新)


コロナ禍の今年は脱水症状になる方が増えています。

 

原因として以下のことが考えられます。

①マスク着用で口呼吸が促進されてしまっていること
②外出控えで運動量が減り筋肉量が落ちてしまっていること

 

健康のためには正しい呼吸と適度な運動が必要ですね。

 

あいうべ体操や鼻うがいで鼻呼吸に、そしてHIITなどの時短運動で筋肉量確保が大事です。

 

 

News Up コロナ禍の冬 “脱水”に注意を | NHKニュース


 >>Blogメニューへ


歯周病菌と認知症

(2020年10月6日 9:45 AM更新)


歯周病菌が認知症の原因の一つと、皆さんはご存じでしたか?

 

歯周病菌が血管を通り全身のいたるところで悪さをしているのです💀

 

私も練馬区の当番などで認知症の患者さんを診療したときに、歯周病を改善できれば認知症も改善するかもしれないのに、と感じております。

 

糖尿病や心臓病などとの関連は既に知られていましたが、近年では認知症の大きなリスクとして歯周病が注目されています。

 

普段から歯科医院を受診して、お口の中を綺麗にしておきたいですね☺

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/372acf834c00143e86cbce46206592d1dc974aa3?fbclid=IwAR1ngiYhWTye-zvIRZSDtIt1i_JqpM3WNGRk6YRNtR1v1h3NnfV18J6V5-Q


 >>Blogメニューへ


スポーツドリンクNG(熱中症の注意事項)

(2020年9月8日 9:40 AM更新)


9月になりましたがまだまだ猛烈な暑さが続いています。

 

みなさん、熱中症対策してますか?

部屋の中でもきちんとエアコンで涼しくしていますか?

水分補給こまめにしていますか?

 

でも予防には麦茶か水、熱中症かなと感じたら経口補水液を倍希釈してくださいね。

 

以下は大阪の豊田裕章先生のフェイスブックの投稿からの引用です。

 

★お茶を飲んでいても熱中症になった!
記者の体験談 西日本新聞9月4日の記事より

スポーツドリンクを飲むくらいなら、経口補水液を水で2倍に薄めたものを飲んでください

飲み物だけで熱中症が防げるわけではないけど、
飲み物と飲み方の選択は大事です

この記者の間違い↓

熱中症脱水症を発症してからスポーツドリンクを飲んでいる⇒発症して飲むのは経口補水液、スポーツドリンクでは塩分足りません!

熱中症予防で飲むのは、水かお茶 が基本
 しかし、35℃超えるような猛暑で運動や作業を続ける場合、経口補水液を2倍に薄めたものをうまく活用すること、これが科学的根拠のある飲み方です

経口補水液は手作りがベストだが
無理なら市販のものを利用します

何度も書いていますが、脱水症対策に
スポーツドリンクの出番はありません

スポーツドリンク、飲めば飲むほど、糖質過剰、塩分不足になります

出直しの前に、考え方の間違いを直してください

・注意です
熱中症予防対策に重要なのは
糖質・塩分を必要に応じて 適量 補給することです、塩なめる、塩飴とるでは、量、割合もいい加減で科学的な話になりません

飲み物は、中身が汚染しないように、清潔に扱ってください
飲みかけのものは、その日で使いきるか、余ったら捨ててください、次の日まで使わないで

 

 

ポ〇リや〇クエリアスはスポーツドリンクという名称ですが、中身はジュースです。

お気を付けください。

 


 >>Blogメニューへ


1 / 712345...最後 »

Blogメニュー


>>Blogトップへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加