スヴァラ歯科Blog
| スポーツとマウスガード②

スポーツとマウスガード②

(2019年11月9日 1:52 PM更新)


ラグビーワールドカップの興奮もようやく落ち着いてきましたね。

今回はスポーツの時になにゆえマウスガード(マウスピース、以下MG)を装着するのかということを書きます。

 

皆さんでも分かりやすいのが外傷の防止だと思います。

もちろん正解です♪(^^♪

 

写真上はロンドン五輪で金メダルを獲得した村田諒太選手。

下はカンムリワシと異名をとった元WBA世界ライトフライ級チャンピオン具志堅用高氏。

MGはボクシングにおいては名作漫画「あしたのジョー」でも描写があります。

 

ただ、1990年くらいまでのボクシングのMGはオリンピック選手でもバケツの中に浮かんでいるものの中から自分に合うものを選んで装着していたそうです・・・(-_-;)

 

閑話休題

スポーツにおいて外傷を受けるとパフォーマンスが低下するのはもちろんですが、その影響が継続してしまうのです。

ちなみに国際歯科連盟(FDI)の調査ではMGを未装着の場合は口腔外傷のリスクが1.6~

1.9倍高くなると報告しています。

 

スポーツ選手の多くは「自分は大丈夫」と思っていることも怪我につながりやすいかもしれません。

 

でも、スポーツ選手だけでなく学校の部活レベルでもスポーツ時の口腔外傷は多いのですよ~

 

MGはスポーツ時の口腔外傷の予防にもつながりますが、効果はそれだけではないのです♪

次回はそのほかの効果について書きます。



前へ:«
次へ:

Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加