スヴァラ歯科Blog
| 小児歯科でのリスクの変化

小児歯科でのリスクの変化

(2017年3月3日 10:00 AM更新)


昨日、石神井保健所で練馬区の3歳児検診をを行ってきました。

以前は虫歯の相談がほとんどでしたが、最近はお口の健康への意識の高まりからか虫歯のあるお子さん自体少なくなりました。(昨日私が検診を行ったお子さんで虫歯をカウントしたのはゼロ!)

その分増えたのがかみ合わせ、歯並びに関する相談です。

3歳児検診のような大まかな検査なので正確なことは分かりませんが、口呼吸、舌の位置、嚥下に悪習癖のありそうで今後不正咬合のリスクの高そうなお子さんは何人かいました。

当院の小児歯科は虫歯予防はもちろん、悪習癖除去と咬合誘導で健康な大人への成長をお手伝いしています。



前へ:«
次へ: »

Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加